鍼施術について

【休業のお知らせ】
いつも太陽鍼灸をご利用下さり誠にありがとうございます。
この度、施術者の体調不良の為、休業させて頂く事となりました。
皆様にはご迷惑をお掛けしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

鍼施術について

1. 当治療院において使用する針は、鍼完全消毒滅菌済みの使い捨て鍼を使用しており一度の使用で処分してしまうので感染症等の心配はございません。
2. 人によって針治療の後一時的に、だるさや疲れ等の色々な症状が現れることがありますが、これは東洋医学においては瞑眩(めんげん)といって、むしろ針の効果が現れる証拠とされているので心配ありません。
3. 飲酒時や極度の寝不足(徹夜あけ等)のときは、治療後気分が悪くなることがありますのでなるべく来院を避けてください。
4. 治療後半日はスポーツや飲酒を避けてなるべく安静にするよう努めてください。入浴は特別な病気(重度の糖尿病やその他代謝性疾患で感染症を起こしやすいもの)以外は、軽く入るのならば一時間後でも平気です。サウナや熱すぎる風呂温泉等は、避けてください。
5. 治療回数は痛みや症状の激しいものほど、最初三日間連続で来院してその後一日おきに三回と、間をなるべくつめて来院するほうが効果的です。
6. 針灸治療は病気だけでなく、定期的に治療を受けることによって体質を改善し、健康を増進し病気にかかりにくい体をつくります。
服装について
基本膝から下や背部腹部等が露出できる服装で着衣のまま、または当院で用意した施術着で施術します。いずれの場合もタンクトップを着用してお越し下さい。(鍼灸の施術の際にスムーズになります)
着衣のままで股関節等の施術をする場合は脚の付け根まで露出できる服装でないと施術ができませんのでご注意下さい。悪いところが露出できる服装でお願い致します。
鍼灸師 紹介
濱 和樹 (はま かずき)

鍼灸師 プロフィール

[略歴]
1962年 東京にて誕生
1985年 日大経済学部卒業
1987年 関東鍼灸専門学校入学 1990年卒業 国家資格取得
1990年 中国医療啓蒙協会勤務 
1994年 中国吉林省 長春中医学院留学
1995年 太陽鍼灸治療院開業